スーツは経費で落とせますか? …Q&A-032

Q1
仕事時に着用するビジネススーツは経費になりますか?

個人事業主が仕事用として購入する服は経費になる?

A:普段着に、なりえないものなら経費になります。

「仕事用だから経費になるんじゃない?」と思いがちですが、それって、仕事のとき以外でも着られるんじゃないか?という点で、経費になるか、ならないかが別れます。

税務調査が入った場合、調査官から経費とは認められないと指摘される定番のものがスーツ代です。

使用割合で、経費額を計算して出す”案分(案分)”という方法でやればできそうですが、現実的にできるかできないかの判断は難しいところです。
ですので、私は経費にはしていません。

従業員の事務服作業服は経費になる?

従業員用の事務服とか作業着などは経費になります。
事業所名が入っていれば確実に経費として認められます。

たとえば、ポロシャツやエプロンでも店名を入れて用途目的をはっきりさせ、実際にお店で着用していれば仕事用として認められます。

▼現金で購入したときの記帳方法
福利厚生費 ○円 / 現金 ○円

▼クレジットカードで購入した場合の記帳方法
福利厚生費 ○円 / 未払金 ○円
▼クレジット会社からの引き落としがあったとき
未払金 ○円 / 普通預金 ○円

イベントなどで、演目としてコスプレした場合、コスプレ用の衣装費用は、経費になります。

勘定科目(記帳時のグループ名)は、広告宣伝費 または、消耗品費でいいと思います。

※個人事業主用のスーツなど服飾の購入代については、時代の流れもあって今グレーゾーンになってますので、今後、法令ではっきり言明されれば、また違ってきます。

要は、税務調査に入られたとき、税務調査官に、つっこまれても堂々と釈明(理由を述べる)でき、納得させられるのであれば、仕事用として100%、または私用と仕事用で割合で計算して経費として計上(案分/案分するといいます)、「消耗品費」として引くこともできるようですが、ご自分の責任で行って下さい。

私も、起業当初、法人会出席のためにスーツを購入して、これって仕事のときしか着ないから経費なんじゃないの?と思ったのですが、いろいろ調べて、グレーなことはしない方が無難だなと思って諦めました。

今後、はっきりしましたら、また書きなおします。

ちなみに、平成26年に、サラリーマンに対しての特定支出控除が見直されて、仕事に必要な衣服の購入代も控除対象として追加されたので……今後の流れに要注目でしょうか。

ご質問、ご意見などありましたら、気軽にお問い合わせください。
次の記事ネタになりますので大歓迎です。よろしくお願いします。

●———————————————————●
最後まで読んでくださりありがとうございます。
あなたとのご縁に感謝です。
今日もステキな一日でありますように♪ (^^)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする