manaca(ICカード)のチャージ代金は経費? …Q&A-033

Q1
交通費の支払いにmanacaを使ってます。
支払う毎に「旅費交通費」として記帳するのは面倒なので、チャージしたときに、その金額を記帳していいですか?

A:いいえ、チャージした時点では経費にはならないので、チャージ金額を「旅費交通費」として記帳はできません。

manacaやスイカなどのICカードのチャージについて

交通費や購入代などの費用は、支払ったその時に発生するものです。

カードにチャージして現金は手元から失くなったのですが、現金と同じように使えるわけです。

ですので、チャージした時点では、経費にはなりません。
交通費としてでしか使わない場合でも、チャージした時点では、「旅費交通費」にはなりません。

交通費として支払ったとき、仕事用の買い物をしたときに、はじめて経費になります。

余談ですが、manacaが発行されてからずっと使っている私のカードのmacanaキャラは、最初の頃定期券として使っていたせいもあるのか、何度も機械に通されて、ぼろぼろだなぁと改めて感じました。
おつかれさまです、と思わず声をかけたくなりました。(笑)

manacaやスイカなどICカードにチャージしたときの記帳方法

  • ▼チャージしたとき
    前払金 ○円 / 現金 ○円
    チャージしたときに、領収書をもらっておいてください。
    ※領収書は、バスの車内でチャージするより、駅にあるチャージ機でチャージした方がいいと思います。
    ⇒領収書ボタンを押せば発行してくれます。
  • ▼電車を利用し、カードをつかったとき
    旅費交通費 ○円 / 前払金 ○円
    ※ここではじめて経費になります。

※注意※
100%仕事用で使うICカードという前提でチャージ時に「前払金」として記帳することをご説明してます。

個人用として交通機関を使ったり、なにかを購入した場合は、経費でなく「事業主貸」としてその分の金額を記帳する必要があります。

ICカードも仕事用と個人用と分けて持つと、使用目的をはっきりと区別できますので、特に公共交通機関をよく利用される方にはおススメです。

ご質問、ご意見などありましたら、気軽にお問い合わせください。
次の記事ネタになりますので大歓迎です。よろしくお願いします。

●———————————————————●
最後まで読んでくださりありがとうございます。
あなたとのご縁に感謝です。
今日もステキな一日でありますように♪ (^^)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする