商談やセッションでなく自分だけcafeで仕事をするときの飲食代は経費になる? …Q&A-061

Q1
商談やセッション、セミナーなどの後の懇親目的でcafeを利用する場合は、飲食代も経費になると聞きました。
では、家よりも仕事がはかどるからというような理由で、cafeで仕事をするといった場合はどうでしょうか?
相手がいないと経費とは認められませんか?

A:経費としてOK。

こういう問題は、どちらかというとグレーゾーンなんですよね。
要するに、仕事で必要だという事実、税務調査が入った場合、収益に繋がる行為だということを税務官に納得させることができるのでしたら、堂々と経費として記帳してかまわないと思います。

ということで、私は仕事する場合、cafeでの飲食代も経費としてもいいと思います。

ただ、必要以上に高い飲食代は、接待で使う場合以外は経費とするにはちょっとね?な気もしないでもないですけど、ご自分の良心と相談してみてください。

誠実に楽しくビジネスしましょうね♪

私としては、cafeでの仕事は、気分転換にもなるし、だから仕事もはかどったりするので、時にはいいと思います。

そうですね、利用した飲食店名、日付と日時や所要時間(ざっくりと仕事に使った時間)、仕事内容をきちんとメモにでもつけておいて、レシートと共に保管しておけば大丈夫だと思います(^^)

滅多に税務調査も入りませんし…入ったらラッキー(?)、税務官さんとの会話を楽しんで、ついでに、こういうときはどうなる?とか、質問してみてもいいんじゃないでしょうか?

人生、出会いを楽しみましょう♪(^^)v

注意:今後、税務改正などがあってはっきりした規約が作られたりしましたら、それに従って下さい。

●———————————————————●

今日も読んで下さりありがとうございました。

ご相談、ご質問などありましたら、気軽にお問い合わせください

いつもありがとうございます。
あなたとのご縁に感謝です。
今日もステキな一日でありますように♪ (^^)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする