Stripeでクレジット決済を導入してページにリンクボタンを貼る方法|FAQ#027

クレジット決済ができるように手続きしたいです。
オススメのところでいいので登録方法と決済ページの作成方法を教えてください。

  • オススメとしては、私も使っている「Stripe」です。
  • 「PayPal」もいいですけど、支払(購入)者さんもPayPalのアカウントが必要になるし、手数料がStripeの方が少し安い(30万円未満の場合)のでStripeをオススメしてます。
    ※参照:https://stripe.com/jp/pricing
  • 「商品登録」でサービスや商品の決済ページもカンタンに作成できます。
  • ホームページにはリンクボタンに決済ページのURLを貼っておけばOKですし、メールなどにも決済ページURLをコピーペーストでお知らせできます。

Zoomの画面共有にて登録サポートもさせていただいておりますので、お問い合わせフォームよりお声がけください。
Stripe登録サポート料金は、5,000円です。

目次

決済プラットフォーム・Stripeを使う方法

PayPalの場合は、ビジネスアカウントを登録すれば、決済もできるようになります。
PayPalアカウントをお持ちの方向けなので、無い方もアカウント登録が必要なことをアナウンスして利用するのならPayPalでもいいですね。

Stripeアカウント登録方法

登録作業を開始する前に準備するもの
  • 事業情報
  • 銀行口座情報
  • 携帯電話(2段階認証に必要)
  • SSLで保護されたWebサイト(httpsではじまるURLのサイト)
  • 本人または代表者確認用に運転免許証またはマイナンバーカード
  • 法人の場合は、法人マイナンバー(法人番号)
STEP
Stripeのサイトにアクセスする
STEP
「今すぐ始める」をクリック
STEP
Stripeアカウント作成ページが表示されるので、
必要事項を入力して「アカウントを作成」ボタンをクリック
STEP
上で登録したメールをチェックし、メール本文内の「メールアドレスを確認」をクリック
STEP
ログイン画面が表示されたら登録したパスワードでログインする

※ログイン画面が出ない場合は、この手順はスキップして次に進んでください

STEP
下の画像のページが表示されるので、「プロフィールを入力する→」ボタンをクリック
STEP
表示される項目順に従ってビジネスプロフィールを入力(登録)していく

「完了」ボタンクリックまで、入力後「次へ」のボタンをクリックして必要事項を入力していってください。

電話番号(携帯)の頭の「0」とハイフンは、入力しなくてOK。
※自動的に半角スペースが入ります

STEP
本人確認をする

免許証、またはマイナンバーカードを読み込ませて本人確認をする

STEP
Stripeの使用を開始する

クレジットカード決済の準備完了

商品登録方法

STEP
Stripeのマイページにログインし、左肩のメニューの「商品」をクリック
STEP
商品一覧ページが表示されるので、右肩の「商品を追加」ボタンをクリック
STEP
商品情報、料金情報を入力、商品用画像をアップロードして、右肩の「商品を保存」ボタンをクリック

※オプション入力必要なしの、「商品名」と「料金」(一括払い)の例

※商品の説明が必要な場合は、記入してください。

登録した商品は、「編集」ボタンクリックで編集できますが、料金の編集はできません。

決済リンク取得方法

商品登録後の確認ページの料金欄の右横に「支払いリンクを作成」ボタンが表示されているので、それをクリックすると下記手順の④までスキップできて早いです。

アカウント登録直後に商品登録をした場合は、Stripe側から認証が下りるまで決済リンク取得はできませんので、認証が下りた旨のメールが来てから下の①から作業を進めましょう。

STEP
ページ右肩の「作成」ボタンをクリック
STEP
プルダウンメニューの中の「支払いリンク」をクリック
STEP
商品の下の空欄をクリックすると、商品リストがプルダウンで表示されるので、リンクURLを入手したい商品をクリックして選択
STEP
選択した商品が表示される

右側のプレビューは、お客様がリンクボタンをクリックすると実際に表示されるページです。

複数購入可能な商品(サービス)の場合は、「顧客が数量を調整できるようにする」にチェックを入れてください。

STEP
右肩の「リンクを作成」ボタンをクリック
STEP
URLの横の「コピー」ボタンwクリックして、決済URLを入手

「コピー」ボタン横の「QRコード」をクリックすると支払いリンクのQRコードが表示され、ダウンロードもできます。

上の画像のページの右側に表示されている「税金を徴収する」項目欄のリンクをクリックして、「Stiripe Taxを有効にする」から消費税の自動計算を設定すると、決済手数料の3.6%以外に「Stripe Tax手数料」0.5%+消費税が発生するようになります。

Zoomの画面共有にて登録サポートもさせていただいておりますので、お問い合わせフォームよりお声がけください。
Stripe登録サポート料金は、5,000円です。

ホームページに購入ボタンを貼る方法

※方法は2通りあります。

①単純に通常のリンクボタンにURLを張り付ける

上のSTEP9で入手したURLを、該当ページの支払い用リンクボタンに貼る
※ボタンの文言やカラーの編集可

②Stripeで用意されたボタンを張り付ける

上のSTEP9の支払いリンクページで、URLのコピーボタン2つ横の「購入ボタン」をクリック、
表示される2種類の購入ボタンの内、任意のもののタグ(コード)をコピー、該当ページに「htmlブロック」を配置して、タグをそこに張り付ける
※ボタンの編集は不可

ご質問などありましたら気軽にお問い合わせください。
Facebookでご縁をいただいている方は、メッセンジャーでもOKです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次